PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NPO法人 ezorockに学ぶ!青年の取り組み



第三回北海道学 地域推進講座が上士幌町で開催されました。



今回は
”NPO法人ezorock に学ぶ!青年の取り組み”を、ezorock 代表理事である草野 竹史さんを講師に招き、お話を聞かせていただきました。


RISING SUN ROCK festivalという、北海道を代表する音楽イベントは、誰しもが知っているでしょう。

6万人の来場者がだすゴミ…それが、55トンにもなるそうです。
そうしたごみの問題をどうすべきか…そこから発展して、若者の力をどう最大限に活かして地域課題に取り組むかを考え、実践している組織がezorock です。



~RISING SUNで実際に配っている袋(30%はお米でできてるそうですΣ(゜Д゜))~

若者がごみと向き合っていくなかで、ゴミを13分別することで全体の8割もをリサイクルしていて、特に生ゴミは、水分を抜いて堆肥にし、野菜を育てて、翌年のRISING SUNで配っているそうです。

”なぜ分別するのか?”という人の疑問を形にして答えをだすというアイディアが、本当にすばらしいですよね。(*^^*)




勇氏も真剣!!



草野さんいわく、人には3つの居場所が必要だそうです。

●居住空間
●学校・社会
★サードプレイス

この、サードプレイス(何となく抱え込んでいる『見完了』なことを『完了』させるための場)こそが、ezorock!だから若者も、この魅力的な活動に参加しようと集まってくるんですね。




”したい人 10000人”
”始める人 100人”
”続ける人 1人”



”10000人の応援したい人”
”100人の一緒に始める人”
”1人の最後まで続ける人”


最初からリーダーになろうとしてなっている人は実はほんの一握りで、何か『最後まで諦めないでやり続ける人』の周りには、いつの間にか人が集まって、続ける人がリーダーになるんだそうです。


なるほどなぁ~…


私も、もっと色んな人をつれて聞いてもらいたかったくらい、面白くて貴重な講話でした。
(もっと素敵な内容だったのに、表現が下手でうまく伝えられず残念(。>д<))


その後はグループワークを通して、物事を始めるうえで
”目的”を大切にすることを学びました。





そしてそして~(о´∀`о)♪

最後は鹿追勢の大好きな”飲みにケーション”で、鹿追・上士幌・新得の未来を若者同士で熱く語りました!!(*^^*)




最後に草野さんとパシャリ♪♪(*^▽^*)




素敵な一日でした☆
スポンサーサイト

| イベント・活動報告 | 00:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

早々のアップ、ありがとうございました。
いや~、エゾロックの活動凄いですね。組織の在り方をしっかり学ばさせてもらいました。
最後まで続ける1人、自分はなれないな~、と思いましたよ。
飲みにケーションも楽しかったですね。上士幌でも何かしらの事を起こすようで、この会の存在意義を感じました。

| みった | 2013/11/20 12:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puremalt.blog75.fc2.com/tb.php/230-4e0f0a64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。