PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソフトボール決勝戦!

数年前に負けトーナメント(予選で負けた全チーム)で優勝してから、勝ちトーナメントの優勝を搾乳しながら、草取りをしながら、ひしひしと狙っていたピュアモルトチーム。

遂に今年、初めて決勝の場に姿を表したのだった!



相手は去年優勝したうわさのキッスを倒した瓜幕チーム。
試合前にうわさのキッスの選手がいたのですが、何やら聞くとホームランを4回も打たれたとか打たれてないとか…。

こりゃ接戦の予感がする!

私達は後攻だった。

いつも通りのユカピーボールで始まった試合は、相手も粘りつつ、私達も負けず、一回を終わり3対3。
まずまずの滑り出しだった。

しかし二回に事件が起きる。

そう観戦者なら気付いてしまったであろう、「バッテリー女性なのに良い大人が盗塁しまくる事件」だ。

こちらは打って楽しませようと思って投げているボールを裏腹に全力で勝ちに来たのだ。

予選、一回戦、準決勝と必ず走れば盗塁が出来たのにも関わらず、誰もしなかった。

それは打ちやすい球を投げているのだから、打って堂々と勝負しましょうとの阿吽の呼吸で成立していた。

勿論僕らも盗塁が出来る球のスピードであれば盗塁しない。
(パスボールは容赦なく走ったが笑)

その鹿追ルールは破られてしまった。

「え?そこ走る?」ピュアモルトチームの動揺は隠せない。

しかしながら相手の目標は「勝利」そのものであり、尊敬に値するくらいの徹底ぶりであった。

僕らピュアモルトチームは「仲間作り」を根本にソフトボールに参加している。
二回に絶望的な11点をとられてしまったが、僕らはくじけない泣くのは止めよう笑っちゃえ!進め~♪

僕らは勝ち負けは関係なかった。ただ今日という決勝の舞台に来れば、沢山試合が出来るから勝利にも喜んだ。

そんな気持ちがバットに伝わったのだろうか?
奇跡は信じるものに起きるのだ。

二回裏の攻撃、バコバコと打線が繋がり4点をもぎ取る。

そして3回の表、この流れをものにするためにエース花畑を投入。

ユカピーとは逆の全く打たせないタイプの花畑。

その期待通りに0点で抑える。

え?そんな良いピッチャーなら何故最初から投げないのかって?

だから言ってるでしょ。勝つことが目的じゃないんです。
全員で戦い、しかも勝つ!ということに意味があるのです。
そして実際に勝ってきたのですから凄いのです。

三回裏の攻撃、ピュアモルトチームの勢いは止まらない。

ここで一気に逆転だ!

スリーアウトチェンジ!

ん?

まさかの凡退。

いかんいかん。しっかり守ろう!

ところが4回の表、花畑の制球が定まらない。
パスボールも連発してしまい4点を与えてしまった。

そして4回裏、時間的に最終回。

11点差。

しかし過去にピュアモルトは16点を取り逆転した歴史がある。

ここで一気に逆転だ!

スリーアウト!ゲームセット!

見事に抑えてしまい試合が終わりました。



試合に勝ったのは瓜幕でしたが、試合を楽しんだのはピュアモルトでしょう。

ピュアモルトチームは負けてはいるものの笑顔や笑いが起きて、終始賑やかな状態でした。



準優勝の成績をおさめたピュアモルトチーム

来年は優勝するぞ♪

スポンサーサイト

| ごあいさつ | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puremalt.blog75.fc2.com/tb.php/291-b1022508

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。